遺族の心の整理

お葬式でよく使う葬儀用語

決まった額が定められていないが、戒名の位によって金額が違います。
粗供養・・・そくよう 葬儀に会葬してくれた人に手渡すお礼の品のこと。
会葬返礼品ともいいます。

会葬御礼状と清めの塩と合わせて渡します。
供花・供物・祭壇・・・きょうか・くもつ・さいだん 仏前に供える花や、菓子、餅、果物などのことを供花・供物といいます。
それらのお供え物や生花、香炉、線香などを置く台のことを祭壇といいます。

位牌・戒名・棺と柩・・・いはい・かいみょう・ひつぎ 位牌とは死者の戒名が書かれた木札のことです。
木札に書かれる戒名とは、現在は死者の生涯を文字であらわすようになりました。
ひつぎは、棺と柩とで意味が違います。

遺体を納める木の箱のことを『棺』とよび、棺に遺体が納まった状態のことを『柩』といいます。
遺骨・焼骨・荼毘・・・いこつ・しょうこつ・だび 火葬することを荼毘といい『荼毘に付(ふ)す』と使われます。
火葬して焼かれた骨を遺骨・焼骨といいます。

遺骨は箸渡し(火葬後の骨を箸を使い二人で挟む)で骨壷へ納めます(骨上げ)。
忌中・忌明け・忌中札・喪中・喪主・喪家・・・きちゅう・きあけ・きちゅうふだ・もちゅう・もしゅ・そうけの意味を表します。
忌中とは、死後四十九日までの期間をいい四十九日法要をもって忌明けとします。

忌中は忌中札を玄関に『忌中』と書かれた札を貼ります。

喪中は、喪に服している期間をさし、一般的に一年間です。
遺族の代表を喪主とよび、故人の家族のことを喪家とよびます。
合掌・納棺・出棺・納骨・・・がっしょう・のうかん・しゅっかん・のうこつ 両手を合わせ拝むことを合掌といい、仏教式の葬儀や法要では必ず行います。

遺体を棺に納めることを納骨といい、火葬場に向けて柩が出立することを出棺といいます。
遺骨をお墓や納骨堂に納めることを納骨といいますが、遺骨は骨壷に入れた後一度自宅に安置します。
その後納骨しますが四十九日法要の後に納骨するケースが多くなっているそうです。

弔辞・弔電・弔問・・・ちょうじ・ちょうでん・ちょうもん 遺族へお悔やみの言葉です。
弔辞は故人の親しかった方が人柄や思い出など葬儀で読み上げるお別れの言葉です。
弔電はお悔やみ電報、弔問は遺族を訪問してお悔やみを伝えることです。

Menu