遺族の心の整理

日本の代表的な葬儀「仏式葬儀」とは

この狭い日本にも様々な宗派が存在しますが、そのほとんどが仏教だと言われております。
宗派が一番よく現れるのが、法事や葬儀などの法要だと思いますが、日本で行われている葬儀の約9割もが、仏式葬儀だと言われています。

仏式葬儀とは、その名の通り、仏教の教えの元で行われる葬儀のことですが、同じ仏教であっても真言宗、天台宗、日蓮宗、浄土宗、浄土真宗~などのように宗派がいくつかに分かれており、それぞれの仏様が存在しますので、考え方や葬儀の流れなどにおいても若干異なる部分がありますが、あまりに大きな違いはなく、お釈迦様の教えの元、仏様に供養するという点はどの宗派も変わりない点だと言われています。

仏式葬儀は、僧侶がお経を読み、喪主、遺族、近親者、知人の順に焼香するのが一般的です。
お経や焼香も宗派により異なりますが、願うことはほとんど同じで、仏式葬儀の意味とは、故人の極楽住生を願い、仏弟子となることを仏様にお願いしてお見送りするという意味が込められています。
葬儀や法要で数珠を持つのも仏教だけで、同時に合掌礼拝の動作も仏教の教えだけなのです。

しかしこの合掌礼拝、お葬式の場では少し勘違いしている方が多いのですが、仏教の教えでは、この合掌礼拝はいかなる時でも仏様に向けられるものなのです。
よくあるのは、故人様に向けて合掌礼拝する方がいらっしゃいますが、本来の仏教の教えではそれは間違いな行為となります。
「仏様、故人をあの世でもよろしくお願いします」というのが仏教の考えで、後に故人様も仏様となられるのです。
このような事を知りながら葬儀に参列すると、お経の意味や、僧侶の説教が意味のあるものとして伝わってきますし、いずれ仏様となられる故人様への供養にもなると思います。

普段から日本人の考えは仏教の考え方のものが知らず知らずのうちに多いですが、知らないことの方が多いのも事実です。
また日本でもこのような仏式葬儀だけではなく、キリスト教葬儀、神式葬儀など色んな宗教の葬儀がありますので、仏教だけではなく、葬儀に参列するマナー程度には知識を高めておく必要があるでしょう。

Menu