遺族の心の整理

お布施とはなに?

結婚式などと異なり、葬儀などの仏事には必ず僧侶をお招きして、お経や教えを説いて頂きます。
その際御礼として渡す金品のことを「お布施 (おふせ)」 と言います。

お布施とは本来の意味は、他人にあるだけの金品を施すこと、または与えること、そして感謝の気持ちで仏様へお供えすることという意味があり、お布施にも、金品を渡す「財施」、仏の教えを説く「法施」、心の不安を取り除く「無畏施」という三種類の意味が存在しますが、最近ではこのような仏教的な意味ではなく、お布施というのは仏事をお寺の僧侶にお願いした時の謝礼、と考えるのが一般的になってきています。

つまり、お経などのサービス料という風な雰囲気が定着していますが、本来はお布施というのは、僧侶に渡すものではなく、仏様にお供えするものですから、今現在でも僧侶は「頂戴します」ではなく、「お預かりします」と答える人が多いでしょう。

葬儀の場合のお布施は、枕経、通夜、葬儀、それと御車代、お膳料とまとめて一封、初七日で一封としてお布施をお渡しすることが多いようです。
お布施を渡すタイミングですが、葬儀にもなれば包む金額も大きくなりますので、後日初七日が済んでから、お寺に出向き、御礼の言葉を添えてお布施をお渡しするのがベターでしょう。
また渡すと言っても手渡しは基本的にマナー違反になります。
切手盆と呼ばれるお盆の上にお布施をのせて渡すか、あるいは、挨拶をこめた菓子おりの上に添えて渡すのが望ましいでしょう。

お布施袋は葬儀社へお願いしておけば用意してくれますし、市販品を購入するのであれば、黒白の水引き、または銀色の水引きの包み紙を購入するようにすれば問題ないでしょう。
しかし地域により多少異なる部分があるので、その辺りはお住まいの地域のしきたりに合わせるのが一番です。
お葬式のお布施ともなれば、金額が大きくなりますから、それに合ったお布施袋を用意しましょう。

またお布施っていくらくらい包むべき?という疑問が出るとおもいますが、心配であれば僧侶をお願いしたお寺へ直接聞いても問題ありません。
「お気持ちで」という返答がくれば葬儀社に相場なるものを聞いて、無理ない金額を包めば良いでしょう。

普段の生活ではあまり聞きなれず、接点がないお布施ですが、お葬式や法要時には必ず必要なものになりますから、是非一度ゆっくりと調べてみるのも良いかもしれません。

Menu