遺族の心の整理

葬式で使ってはいけない言葉

日本は他国に比べて、礼儀、マナーを重んじる習慣があります。
特に不幸の場合には尚更で、罰が当たることや、縁起が悪いことはタブーとされています。
ここではお葬式で使用してはいけない言葉や注意しなければいけない発言について述べていきたいと思います。

まず基本のお悔やみと言いますと、「この度は心からお悔やみ申し上げます。」や「この度は御愁傷様でした。」、また「ご冥福をお祈りします」などが一般的な言葉ですが、この言葉も誰がどんな理由で亡くなったのかにより、言葉が変わる場合もありますが、上記にあげた言葉は大抵の場合、使用しても問題がないお悔やみの言葉です。
しかしこれに続けてべらべらと添えるのはマナー違反で、特に使用してはならないと言われているのが以下です。

「重ね言葉」
繰り返しや連想を意味する言葉
○くれぐれ、たびたび、しばしば、ふたたびなど。

「生死」に直接関係する言葉
○死、亡くなる、死去、生きる、など。
仮に使用しなければならない話になった際は、「ご逝去」、「生前」などの言葉に置き換えて話すようにします。

安易な励ましの言葉
○頑張って!、元気出して!暗い顔しないでなど。

これらは故人の死に直面しているご遺族に対して、一番失礼で残酷に当たる言葉ですから、絶対に使用してはいけません。
この他には、何度もお悔やみの言葉を述べたり、ご遺族のお話にオーバーな悲しみ方をしたりするのも失礼にあたります。
また「故人様はなぜお亡くなりになられたのですか?」と死因をご遺族の方に聞くのもタブーとされています。

お葬式の場に慣れているという方は少ないでしょうから、ポロッと思わぬ発言をしがちですが、その大したことではない言葉がご遺族や他人を傷つけてしまう言葉となるかもしれないのです。
お葬式はデリケートな場所となりますから、こういった言葉を使わない様に、日頃よりも気をつけて発言するようにしましょう。

Menu