遺族の心の整理

お葬式でこんなことはNGです

日本というのは他国に比べてマナーには厳しい国です。
特に人の不幸の場ともなれば一際マナーが問われます。
ではお葬式でこんなことはNGだという行為をあげていきましょう。

まず、不幸の知らせが入った時、故人宅への連絡や訪問はNGです。
不幸時は悲しみの裏で、葬儀の準備やお墓の準備など忙しくせねばなりません。
そんな時の連絡や訪問は迷惑にしかすぎないので絶対に控えるようにしましょう。
もし御手伝いをする場合には、よく遺族様の意見を聞きながらテキパキと動くようにしましょう。

そして式場についてしてはいけない行為は以下です。
まずは、香典に新札を入れる行為。
お祝い時には敢えて新札を用意しますが、葬式の場合は別です。
「不幸を待っていた」という意味にとれますから、香典の場合は、古いお札を使用するようにします。

そして一番多いNG行為がこちらです。
斎場に入るなり、すぐに知り合いとしゃべる行為です。
白い歯を見せて、大きな声でおしゃべりしている風景を故人やご遺族の方が見られたらどうお感じになるでしょう?
久々に逢う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、斎場の中でも談笑はNG行為ですので気をつけましょう。

そして次に、死因が分からない場合にご遺族に死因を尋ねる行為です。
ご遺族の方は十分に悲しまれています。
そこへつけて、死因を尋ねるのは大変失礼な行為です。
気をつけるようにしましょう。

そして通夜振る舞いを断るのは基本的にNGです。
通夜振る舞いとは食事が出ますが、食事としてとらないのが基本です。
死者の魂を静めるという意味もありますから、誘いが入れば少しでも良いので、お邪魔するようにしましょう。

この他にも言葉使いや、振るまいなど色々なマナーがあります。
心配な方は、一度マナーを調べておくと良いでしょう。
自分が恥をかくだけではなく、故人やご遺族の方の目もあるということを心にとめておきましょう。

Menu