遺族の心の整理

喪主の決め方

家族の誰かが亡くなると、その辛い悲しみにくれる暇もなくバタバタと葬儀の準備などに取りかからなくてはなりません。
その際、葬儀を仕切り、遺族の代表者として務めを行う「喪主」を決めなければなりません。
ここではその喪主はどのようにして決めるのか?というのをお話していきたいと思います。

そもそも、喪主を決めるのに「こうでなければならない」といった絶対的なルールというものはありませんが、基本的には故人の親族で、それも血縁関係や故人と深い関わりがある人物が務めるのが一般的です。
しかし、故人が生前、喪主を指名していたり、遺言状などを残している場合には、血縁関係や通例に関係なく、故人が指名していた人が喪主を務めるようにします。

一般的には、家族の中で決めることが多く、結婚しているのであれば、故人の配偶者、さらに子供が居れば長男、次男の順で決められます。
また直系の男子が居ない場合には、長女、また次女の順で決定します。
直系男子が家族内に居ない場合には、他家に嫁いでいる子供でも喪主を務めることに問題はありません。
これらが古くから伝わる日本のしきたりでの喪主の決め方です。
日本はこれまで家父長制の考えが強い国でしたから、今でもこのような決め方が根強く残っていますが、勿論故人と親しい友人でも喪主を務めることは可能です。

しかし葬式ともなれば、個人的な感情で決定し、それを進めるわけにはいきません。
親族の中には、必ず「喪主は長男が引き受けるものだ」と断固としていらっしゃる方も居るでしょう。
今は喪主の決め方にうるさくない!とは言っても多くの親族や会社関係者、友人知人が集まる場ですから、喪主の決定で揉めてしまうなどという事のないように、通例に従い行うことが一般的です。
どうしても血縁関係や深さを無視して喪主を決める場合には、親族の方とよく話し合い、承諾を得てから喪主を決定するようにしましょう。

Menu