遺族の心の整理

お布施の一般的な金額

お布施とは葬式や法要などの法事の際、お寺の僧侶に供養をお願いし、その謝礼として金品を寺院へお供えする物のことお布施と言いますが、ここでは葬儀の場合のお布施についてお話していきたいと思います。

お布施の一般的な金額はいくら包まなくてはならないという決まりがないものですから、一般的な金額と言われても悩むことがあると思います。
そんな際には、僧侶をお願いした寺院へ直接電話で確認しても良いですが、その返答の多くは、「お気持ちで結構です」というように曖昧なものです。
そんな時には葬儀社の方に、一般的な金額を聞くのも良いでしょう。

お布施の金額については、宗派や戒名により多少異なりますが、自分の宗派を調べた上で、寺院や葬儀社の方に相場を尋ねるようにすると安心です。
大抵葬儀の場合には、50万円~100万円程度包まれる方が多いようです。

お布施の内容は、枕経、お通夜、葬儀、告別式そして初七日までをまとめたお布施を包むのが最近の主流であるようです。
この中に、お膳代やお車代を含めてもかまいませんし、先に少額のお車代だけなどを僧侶にお渡ししても良いと思います。

お布施を僧侶へ渡すタイミングですが、上記に書いたように、かなりの高額となります。
ですから、一般的には、僧侶に後に寺院へ出向くことを告げ、その際に謝礼として、お布施を渡すのが一般的でしょう。
また袋に入れてそのまま渡すのではなく、切手盆と呼ばれる盆にのせて渡すか、または菓子折などを用意して、その上にお布施をのせて渡すのがマナーです。

最近ではお布施は直接僧侶へのサービス料のように考えている人が多いようですが、お布施とは本来お寺にお供えする金品です。
ですから、多くの僧侶は、お布施を渡した際、「お預かりします」という風な返事をすると思いますが、それにはそういう意味がありますので、間違っても「僧侶様へ」などという言葉を添えないようにしましょう。

普段使用しない物でありますから困ることもあるかもしれませんが、これは仏教においての古いしきたりです。
知識として得ておく必要があるものですから、是非一度調べてみて下さい。

Menu