遺族の心の整理

いい葬儀社の選び方

親族が亡くなると哀しむ間もなく、色んなことを決めていかなければなりません。
一番早く決めなければならないのが「葬儀社」です。
しかし不幸の場合は急に訪れますし、結婚式の時の様に、ゆっくり思案して式場を決めることは困難です。
ですからいかに短時間の忙しい時に、良い葬儀社を見つけることが出来るかがポイントとなります。
とは言えどうすれば、その短時間で良い葬儀社を見つけることが出来るのでしょうか?

人が亡くなる時、一番多い場所が病院です。
病院は一般的に提携している葬儀社がありますから、数多くの場合、その病院で紹介される葬儀社があります。
しかしここで注意せねばならないのが、病院の紹介だから大丈夫!と一概に安心出来ないという点です。
勿論、そういう所までこだわって、良心的な葬儀社を紹介してくれる病院もあるので、一概には決めつけられませんが、中には対応の悪い葬儀社もあります。

一番良いのは、病気などである程度の死期の予想がついている場合、予め、葬儀社をいくつかチェックしておくのが本当は一番良い葬儀社を見つけられるコツですが、人によっては「死を待っているようで不謹慎だ」と考える人もいるでしょう。
しかし少し想像してみて下さい。
親しい方が死んだ時に、貴方なら冷静な判断が出来ると思いますか?
そして言われるがままに当たった葬儀社の対応が悪ければ、それこそ不謹慎だと思いませんか?

残念なことですが、人はいずれ必ず死を迎えます。
しかしその最期の時を良くしてあげられるのも身内の力です。
まだ生前であっても調べておくくらいのことはしておいた方が結果良いこともあります。

では良い葬儀社のポイントです。
大抵葬儀の段取りを決めるのは、まず電話予約になります。
その電話応対が良いか悪いかで大体の雰囲気が分かるものです。
まずは電話応対が良いかどうかを確認し、次に葬儀の打ち合わせ中のポイントを見ましょう。

例えば、家族葬のような小さい規模の葬儀にしたいと告げた場合、嫌な顔を担当者がしていないか?です。
当たり前の話ですが、大規模な葬儀の方が、葬儀社は儲かります。
小規模な葬儀を嫌がる業者は、親身ではなく、儲けを考えた葬儀社だと考えて間違いはないでしょう。

また見積もりの説明は詳しくされているか?という点です。
そういう辛い時はとにかくしっかりと話が聞けない状況です。
「お任せします」の一言が思わぬ出費に繋がることがあります。
詳しく追加料金はいくらくらいかかるのかなどを説明してくれる業者の方がやはり安心です。
葬儀社とのトラブルで一番多いのが見積もりとの料金の誤差です。
分からないことは逐一尋ねることが大切です。

他にも、案内された葬儀場の雰囲気や清掃管理、スタッフの動き方、信頼度など、良い葬儀社を選ぶにはいくつかポイントがあります。
「これだけは譲れない!」という部分があればそれを叶えてくれる葬儀社を探すのも良いでしょう。
故人の最期を見送る大切な時を決める葬儀社ですから、後悔が残らないように、しっかりと判断をして葬儀社を決定するようにしましょう。

Menu