遺族の心の整理

一般的な葬儀の費用

人の死というのは突然訪れますよね。
お葬式というのはただただ悲しい場でありますが、悲しいというだけではなく、精神的にも金銭的にも負担が多いのも事実です。
ではここでは、一般的な葬儀にかかる費用を見ていきたいと思います。

葬儀にかかる費用と一言で言っても、葬儀社に支払う料金、実費で必要となる接待費、または寺院に供養をお願いした謝礼のお布施、法要など色々な事にお金が必要となります。
また葬式の費用については、ご家族様の予算や、地域性でも金額は異なると言われていますが、ここでは、全国的に見た平均額を発表していきたいと思います。

まず平均的に見て、上記の一式をまとめた葬儀にかかる費用は、約250万円前後で、その内の約180万円程度が、葬儀社に支払う金額、またその残りがお布施や接待費として使用されていることが多いようです。

葬儀社に支払う内訳として一番高額になるものが、葬儀に使用する祭壇で、安い物では30万円~高額なものまで色々あります。
あとは、棺、花、遺影、骨壺、司会者、会場費、霊柩車、火葬料、礼状、などその他諸々が葬儀社に支払う金額となります。
またここへ通夜ぶるまいなどの料理などの飲食接待費、バス送迎費、お車代、お返し品などが実費費用として必要となります。

その他、高額となるのは、僧侶をお願いした寺院への謝礼であるお布施です。
このお布施も決まりというものはありませんが、葬儀の場合のお布施は、高額で、宗派や戒名にもよりますが、50万円~100万円が一般的だとされています。
これら一式をまとめて、約250万円前後必要となり、その他にも葬儀後の法要や、お墓など別途費用が必要となります。

葬儀は悲しみの渦中にあるものですが、費用も高額で、金銭的負担も大きいものです。
何に対していくら費用がかかっているのか?
また必要なのかをしっかりと把握し、業者の言いなりになってしまわないように注意しておきましょう。

Menu