遺族の心の整理

葬儀の時に送る花の種類

訃報というのは突然に訪れますが、故人を供養するために沢山やらねばならないこと、または守らなくてはならないマナーというのがあります。
ここではお葬式に使用するお花について述べていきたいと思います。

お葬式に使用するお花には、枕花、供花、花輪、献花などがありますが、そのどれもが、故人供養やお供えとして使用するお花ですから、白色をベースとし、落ち着いたお花を選ぶ必要があります。
よく一般的に使用されるのは、白色や紫色で、菊、カーネーション、百合、蘭の花などが一般的ですが、お花を送る場合には必ず先に故人の宗派を尋ねておくようにしましょう。
その時、注意しなければならないのは、喪家の方に連絡するのではなく、直接葬儀社に連絡するようにしましょう。

では詳しく見ていきたいと思います。
○枕花
枕花とは故人の枕元に添える花で、通夜前日から添えるようにおきます。
ゆかりの深い方や親友などが贈るのが一般的で、白を中心とした花が良いでしょう。
また枕元に添えますからトゲのある花やあまりに大きい花は控えるようにします。

○供花
供花は、通夜の祭壇を飾る、お供えのためのお花です。
故人と親しい人や式に参列出来ない方などがお香典代わりに贈ることもあります。
こちらは通夜の午前中までに準備し、こちらも白ベースの落ち着いたお花を選びます。

○花輪
地方により、飾る場所と飾らない場所がありますが、大きなお花の輪で出来たスタンドフラワーで、大抵の場合、企業や団体などが贈ってくるお花です。
こちらは花数やサイズの問題があり、式場に置けないことがありますから、必ず式場に確認するようにしましょう。

○献花
キリスト教など焼香を行わない代わりに故人に花を捧げる御花です。
菊やカーネーションが一般的で、こちらも白などの派手ではないカラーの御花を選びます。

この様にどこに使用する花なのかによりアレンジなども変わりますが、一般的に葬儀に使用するお花は葬儀社にお願いするのがベターです。
お花屋さんに注文しても大丈夫ですが、宗派の問題や花の種類、数に自信がない場合は、葬儀社に手配してもらうのが一番です。

お花の相場としては、約一万5千円程度が一般的です。
あまりに質素ではいけませんが、祝いの席ではありませんので豪華すぎる花もマナー違反です。

お葬式のお花を贈る際は、手配の段取りは勿論、花の色や種類、大きさなどをしっかりと確認した上、葬儀社にお願いするかお花屋さんに葬儀の花だと伝えて、アレンジしてもらうようにして下さい。

Menu