遺族の心の整理

葬式の時の服装

いつの時も人の不幸は突然やってきます。
お祝いの席のように、前もって用意することが出来ない葬儀の場ですから、より一層マナーを守る必要があります。
故人との最期の別れの場ですから、服装などのマナーにはしっかりと気をつけるようにしましょう。

とは言え、不幸の知らせは突然です。
仕事中や外出先で通夜の一報が入ることもあるでしょう。
お通夜の場合は、急いでかけつける!というのが本来の意味ですから、平服で問題はありませんが、やはりここでも、地味な平服が基本です。
喪服ではないにしても、黒めの地味な服装に、光物などは外していくようにしましょう。

お葬式時のマナーですが、これは、男性、女性とも礼服が基本となります。
男性であれば、黒のダークスーツに白シャツ、黒ネクタイ、黒靴下、黒い靴が基本で、女性は、黒ワンピース、または黒スーツ、黒ストッキングに黒い靴が基本です。
露出が少なく、光沢のない地味な物を選びましょう。
また子供の場合は、制服を持っている場合はそれが礼服となります。
ない場合には大人同様、地味な平服を着用させるようにしましょう。

アクセサリー類は男性、女性ともに結婚指輪以外の着用は基本的にタブーです。
どうしてもで腕時計をする場合でも光沢のない黒いものなどにし、あまり見えないようにするのが基本です。
女性の場合ですと、派手な髪型やメイク、ネイル、香水などもマナー違反です。
メイクはすっぴんでも失礼にあたりますが、あくまでも薄く、口紅などは塗らなくても良いくらいですから、薄くファンデーションをのせる程度にし、ネイルも取るようにしましょう。

また夏や冬なども注意が必要です。
夏場であればいくら暑くても、ノースリーブやミニ丈、サンダルは禁止、冬であれば、革や毛皮など殺生をイメージさせるものは禁止です。
ブーツも禁止ですから、季節に関係なくマナーは守るようにしましょう。
小物も同様、黒く光沢のない、革地でないものを使用し、黒または白ハンカチを使用するようにしましょう。

いくら準備が出来ないお葬式とは言え、故人や故人のご遺族の方を想う気持ちは必要です。
それを現すことが出来るのもマナーです。
最低限のマナーはしっかりと守り、式に参列するようにしましょう。

Menu