遺族の心の整理

仏式葬儀の流れ

皆様も一度はお葬式に参列されたことがあるかとは思います。
日本のお葬式の約9割を占めていると言われている日本の代表的な葬式、「仏式葬儀」ですが、皆様もお葬式と聞いてイメージするのはきっとこの仏式葬儀であることでしょう。

ではここでは仏式葬儀の流れについてお話していきたいと思います。
仏式葬儀では、ご存知の通り、お通夜、葬儀、告別式の順で行われることがほとんどです。
まれに同じ仏教であっても、宗派により、進行の仕方や、形式が異なる場合もありますが、あまり大きな違いはなく、同じような流れで進められていきます。

以下では簡潔にまとめた、通夜と葬儀の流れを書きます。
<お通夜の流れ>
1、受付をする
2、遺族、親族、関係者の順に入場し、開式
3、僧侶入場、そして読経
4、遺族、親族、近親者の順にお焼香
5、僧侶の説教、終了後、僧侶退場
6、棺に最後のお別れの儀
7、閉式
8、閉式後、通夜ぶるまい
というのが一般的なお通夜の流れです。
お通夜は閉式しても、その晩は一晩開いていることが多く、お焼香や棺にお別れを告げることは通夜式が終了しても行うことが可能です。

続いて葬儀についてです。
<葬儀の流れ>
1~4はお通夜とほとんど同じ流れになります。
しかし葬儀の場合、お通夜のように遅れて入るのは基本的にマナー違反ですので、開式時間の10分前には会場入りし、案内に従い、席についておくようにしましょう。
また続いて告別式に入ることがほとんどです。
基本的に途中退場は好ましくありませんが、もし葬儀後、退席する場合には、末席に座るようにし、目立たないようにサッと退場するようにしましょう。

5、電の朗読
6、葬儀終了
それから告別式に移り、お別れの儀となり棺に故人の好きな物や供花を納めます。
その後、出棺となり、火葬という流れでお葬式は終了します。

このような流れで仏式葬儀は行われていきますので、皆様も葬儀に行く際はこれらを頭に入れて参列すると良いでしょう。

Menu