遺族の心の整理

香典の相場は地域によって違う

お香典とは、仏式葬儀において、故人へ手向けるお花やお線香の代わりとして、お供えする金銭のことですが、その相場額というのは、故人との関係性や年代、または地域によっても多少相場額は異なるとされています。

お香典は、故人への気持ちでありますし、「お香典」と言う字からも分かる様に、「香」つまり、お線香の代わりに値するものですから、相場額にこだわる必要はありませんが、それでもやはり少なすぎるのは失礼にあたりますし、その逆に、多すぎるのも反って迷惑になることもあります。
しかしこれにはその地域により多少の差がありますから、特に自分が住んでいる地域以外の葬儀に参列する際には、より一層の注意をしなければなりません。

では、お香典の平均的相場を見ていきたいと思います。
まず親族が亡くなった場合、三万~十万円、会社関係者の場合、五千円~一万円、友人知人が亡くなった場合、五千円というのが平均的なお香典の相場で、その中でも故人との関係の深さや、地域性により多少金額は異なりをみせています。

そして、地域性だけに目を向けた場合、日本中で、平均的に相場額が高いのが、東京~の関東地方~中国地方までが、全国平均よりやや高く、その他の地域はほぼ同じような額が包まれていることがデータで明らかになっています。
全体的平均相場額を見たところでは全国的にあまり大きな差は見られないものの、親族、特に親が亡くなった場合の香典額では、地域により大きな差が見られました。

先程挙げた全国平均より高い地域では親には十万円包むことが当たり前とされていますが、北海道や沖縄など日本の中心部から離れたところでは、親へのお香典の平均相場は、高い所の約半額である五万円前後だということが分かりました。
その他の会社関係者や知人、友人にはあまり大きな地域性の差は見られず、大体して全国平均額と同じ相場のお香典が用意されているようです。

このお香典の額の地域差には何が深く関係しているのは明らかではありませんが、その土地にある文化や言い伝え、または物価が関係しているのではないか?というのがこのデータから読みとれることでしょう。
ですから、他地域の葬儀に参列する場合には、普段以上に注意をする必要があります。
お祝いではないので、あまりに額にこだわる必要はありませんが、やはり最低限のマナーとして心得ておくべきです。

Menu